« 日食1分前 | トップページ | ニューイオス? »

FC50で行こう!!

100125 もう生産中止になって久しいのですが、高橋製作所のFC50を所有しています。5cmながらフローライトを使用。焦点距離400mmF8の無理のない設計で、その性能には定評があります。私は約20年前に今はなき横浜アトムで最後期に近いモデルを購入し、主にガイド鏡として使用してきました。昨年の皆既日食の際には上海へ持っていくなど思い出もある望遠鏡です。

 以前からこの望遠鏡で星雲・星団を直焦点撮影してきたいと思っていましたが、銀塩時代にはその暗さと、イメージサークルの狭さから全く使用することはありませんでした。デジタルの時代になってからも、メインのニコン8cmED屈折が似た焦点距離でF値の暗いFC50は撮影用ではなくガイド鏡として使うばかり。

 ミニボーグの45EDのような300mm程度のシャープでコンパクトな望遠鏡をラインナップに加えたいと考えていたこともあり、結構前から400mmF8→290mmF5.8の純正レデューサーを探していました。この度CATで極上品のレデューサーを発見。迷わず購入。近々デビュー予定です。どんな星像を結ぶのか?昔の銘機は現在の望遠鏡に対抗できるのか(多分無理でしょうが)?非常に楽しみです。

 後ほしいのは、FC50・60用のカメラ回転装置です。どなたか売ってくれませんかね?

|

« 日食1分前 | トップページ | ニューイオス? »

カメラ・望遠鏡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日食1分前 | トップページ | ニューイオス? »