« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

FC50デビュー

100919_3 先日遠征時にメイン望遠鏡の傍らにFC50+レデューサーのセットを載せてM31を撮影しました。アップにすると最周辺付近は歪曲収差が目立ち、最新の望遠鏡には敵わないものの、これなら使えそうです。最近M31ばかり・・・・。

| | コメント (2)

やっと成功

100918  調子に乗って昨晩も高野龍神スカイラインへ遠征に行きました。0時ごろまではかなり曇っていましたが、月の入りのころにはほぼ快晴の状態。半ばあきらめていたためスタートが出遅れてしまい、結局薄明開始までの3時間ほどの撮影でした。今回はニコン8cmにニコンD700のニコニココンビとFC50とEOSの2セットをG11に搭載し、先週に引き続きM31を撮影しました。

 今回撮影はスマートガイダーによるオートガイドは購入依頼の絶好調でほぼすべて成功、やっとこさ満足ゆく結果が出ました。ただもう少し露出したかったような気がします。

| | コメント (0)

画像処理

100913 いつも画像処理には苦労します。全く基本ができていなかっただけなんですが、最近やっとまじめに勉強を始めました。

 まだあまり効果はありませんが、経験値を上げていくしかありません。最近の天体写真は撮影するだけでなくその後の処理まで技術が必要となっており大変ですね。それも楽しみといえば楽しみなんでしょうが。

| | コメント (0)

まじめに働きましょう。

100912  ロスマンディG11赤道儀とスマートガイダーのテストも念入りに行い。先日やっと本格的な運用に持ち込めました。

 鏡筒はニコン8cm(f480mm)、ガイド鏡は7cm(f400mm)です。バランス合わせや極軸セッティングも慎重に。  

 撮影中、スマートガイダーのガイディング画面を見るとほとんどガイド調整していないようです。RABの切り替え音がカチカチしているので動いてはいるようです。

 撮影結果をカメラの液晶画面で見るとほとんど成功しているように思ったのですが、帰宅後パソコン画面で見てみると、結構ガイドミスがありました。許容範囲内でのオートガイド成功率は約70~80%といったところ。それもパーフェクトなガイドは30%程度でした。ソフトビニングの段階(画面縮小)でガイドエラーはほぼわからなくなってしまいましたが、目指しているSE200Nでの直焦点撮影は厳しいかも。

 ガイド鏡にバローレンズを使用すべきだったのでしょうか?でもオートガイド中にあれだけ動いてないんだったらもっと頑張って欲しいものです。。

| | コメント (0)

忘れ物に注意

100911 最近よく忘れ物をしてしまいます。昨晩の遠征にはTリングと自由雲台、夜食のカップめんに入れるお湯を忘れてしまいました。G11でオートガイド撮影中にもう一台P2とFC50とカメラレンズでノータッチガイドでもしようと思っていたのですがまったく予定が狂ってしまいました。そのうえおなかも減ってくるし・・・・・・。

 

| | コメント (2)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »