« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

STAR LOST

8182a_2  最近オートガイド(スマートガイダー)が不調です。昨晩はD=7cm、f=400mmのガイド鏡でおおぐま座α星をガイド星にしたのですがキャリブレーションは順調だったにも関わらずいざガイド開始になると2秒ごとくらいにオートガイドと「star lost(「ガイド星を見失ったよ」のサイン)」の繰り返しでピーピーと鬱陶しいことこのうえなしです。何度やり直しても同様だったのでそのままにしておきました(笑)。撮影結果を(M81・M82)結局スマートガイダーはちゃんと働いていたようです(ピンボケでしたが。)。

ガイド星を変えたNGC4565のときには「star lost」も発生せず好調のように見えたのですが、こちらはガイドミス連発です。いったいなんなんだろう。そんなこんなで昨晩はイマイチでした。

4565_2

| | コメント (6)

お手軽写真もいいものです。

110406_2今日、西の空を見ると細いきれいな月が。

夕飯後に倉庫へFC50と三脚を取りに行き、そのままプチ観測、そして最近購入したE-P1も持ち出してお手軽撮影会です。三脚に固定しただけの簡単な撮影でしたが、案外きれいに写るものです。たまには難しいことを考えず、こんなお手軽写真もいいものです。 

| | コメント (2)

ちょっと、ピンボケ

110405  先週末の遠征のメインの被写体だったM81とM82ですが、ピントを合わせたつもりで1枚目はピントはあっていたのですが、構図の微調整の途中で少しずれてしまったようでピンボケでした。画像処理でごまかせないかと苦労しましたが結果はイマイチ。やっぱり元画像がきっちりしていないとダメですね。

 気の緩みが、貴重な遠征での撮影を無駄にしてしまいました。天体写真に限らず、何事にもこういったことはあります。気をつけねば。

| | コメント (4)

古い奴だとお思いでしょうが

110404  先日の観測の際、非常に重宝したものがあります。それは赤道儀の目盛輪です。同好会の田中会長の助言で使ってみました。

 今までの赤道儀ではイマイチ使いにくくほとんど利用していなかったのですが、G11の目盛輪は径が大きくバーニヤもついており非常に精度よく使いやすい。スイスイと導入が出来ました。そりゃ精度的にはかないませんが自動導入よりもかなり早いし、面倒なアライメントも不要。私のようにテクニックやスキルのない(ついでに時間と金も)人間にはピッタリ。これからの撮影も少しは効率的になるかも。

| | コメント (2)

star lost

110402  3/31、4/1と2夜連続で観測に行ってきました。それも3/31は高野龍神スカイラインへ久々の遠征です。

 それにしても腹の立つこと、スマートガイダーの奴め(笑)。最初の被写体であるM81・82のときは調子が良かったのですが、M101の撮影途中から「star lost」の連発。設定を変えたりバローレンズを入れてみたりしましたがやっぱり駄目です。風も少ししかなかったのですが・・・・・。その上ちゃんと露出ができたはずのM81・82はピンボケ(これは私が悪いのですが)。せっかくの遠征も30点と言ったところです。写真は5分露出のM101を2枚(JPEG)コンポジットしたもの。これも結構ピントが甘いですね。

 M101はノータッチで短時間露出したものが10枚ほどあるので、RAWでの画像処理をきっちりしなければ。さらに。高野龍神スカイラインでの星野写真と、4/1に市内で撮影した球状星団など、今月中に仕上げたいな~などと思っています

| | コメント (2)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »