« star lost | トップページ | ちょっと、ピンボケ »

古い奴だとお思いでしょうが

110404  先日の観測の際、非常に重宝したものがあります。それは赤道儀の目盛輪です。同好会の田中会長の助言で使ってみました。

 今までの赤道儀ではイマイチ使いにくくほとんど利用していなかったのですが、G11の目盛輪は径が大きくバーニヤもついており非常に精度よく使いやすい。スイスイと導入が出来ました。そりゃ精度的にはかないませんが自動導入よりもかなり早いし、面倒なアライメントも不要。私のようにテクニックやスキルのない(ついでに時間と金も)人間にはピッタリ。これからの撮影も少しは効率的になるかも。

|

« star lost | トップページ | ちょっと、ピンボケ »

天文」カテゴリの記事

コメント

古いなんて思いませんよ。逆にバーニヤって、新しいです、まじめに。
バーニヤって、ノギスとかについている副尺のことですよね。
ぼんやりとは分かるんですが、正直言って、私ぜんぜん理解していません!
動いていく天体をなんでバーニヤで導入できるの?!といった感じです。
天体趣味って本当に奥が深いです。

投稿: ugali | 2011年4月 6日 (水) 18時33分

いらっしゃいugaliさん。すみません説明不足です。目盛輪の目盛だけでは合わせられない細かい調整をバーニヤ(副尺)も利用して行っているということです。http://www.zizco.jp/18losmandy/185G11.html
にもあるのですが、目盛輪の目盛やバーニヤが大きくて結構使いやすいのです。
 

投稿: よつば | 2011年4月 6日 (水) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« star lost | トップページ | ちょっと、ピンボケ »