« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

クイーンフラワーズ 祝全国大会出場

110521a 二女が所属するクイーンフラワーズは和歌山県の橋本市、伊都郡の子供たちが中心の少女ソフトボールチームです。 

 近年いずれもあと一歩というところで逃していた全国大会(第25回小学生女子ソフトボール全国大会)の切符をとうとう手に入れました。県予選の決勝戦では和歌山レインボードリームスさんとのシーソーゲームを制しました。いろんな思いがあふれてきてチーム関係者は涙涙。もちろん相手チームのレインボードリームスさんも予想通り素晴らしいチームでした。

 クイーンフラワーズは元気にブレーをする選手はもちろん、優れた指導者陣、OGを含めた父兄等のバックアップなどが揃った素晴らしいチーム(自画自賛ですみません)です。全国大会で選手たちは先輩たちや応援してくれた方の思いも乗せて思いっきりプレーしてもらいたいと思います。

ホームページはこちら http://space.geocities.jp/bsfts431/HP-Q/index.htm 団員は随時募集中。子供たちが仲間たちと一緒に目標に向かって頑張る姿は素晴らしく、得難い経験だと思います。まずは体験練習にどうぞ。

110521b ←調子にのってワッペンを作ってしまいました。

 

| | コメント (2)

(小さい脳で)いろいろ考えてます。

110521_3 最近、月ばかり撮影しています。お手軽撮影を旨としてはいますが少しずつ試しながら撮影しています。

・アイピースでの拡大撮影→テレコン使用

・コンポジット(ソフト)をstellaimageからRegiStaxs変更

等です。他にも動画で撮影したりもしています。テレコンを使うことによってスケールは少し小さくなりますがトリミングしても十分シャープになりますし、周辺まで良像がえられます。RegiStaXでのコンポジットは私にとっては革命的な簡単さで月・惑星のコンポジットは大活躍しそうな気配。皆さんが使用されている理由がわかりました。

1か月前に比べ、能率・質とも結構変わってきたと思います。でも所詮はカメラ三脚に5cm屈折・・・・・・。

| | コメント (7)

雲のまにまに

110514_2 昨晩はいつものFC50とカメラでの三脚のお手軽月撮影です。

 前回までと違うのは今回は接眼レンズを使用した拡大撮影ではなくテレコンを使用したこと、さらにお手軽になりました。15分あれば撮影できます。

 しかし昨日は雲の合間を縫っての撮影。撮影中にも雲が横切っていきます。いまいちシャープにならないのは、きっと雲のせいなんです。

| | コメント (2)

時と○○は人を待たず

110506 ついこの前、暖かくなってきて春の系外銀河の撮影好機になったと思っていましたが、のんびり構えていたところそんなに撮影できていないことに気がつきました。全く日が過ぎるのは早いものです。

 昨晩は予定外に晴れていたので翌日の予定も顧みず強行軍です。先日先輩から頂いていたありがたい助言の通りガイド星を対象近くの少し暗めの5等星位にしたとところ、ほぼ問題なくオートガイドが作動してくれました(先輩、感謝感謝です)。

 この春の収穫は系外銀河M101、M51、M81・82、NGC4565と球状星団M3、M5、M13、惑星状星雲M57、おまけに土星です。あれ?私にしてはそんなに少なくないな。

| | コメント (4)

5cm望遠鏡で土星

110503a 続けて土星の写真ですが、FC50で撮影しました。意外と写ってくれるものです。この望遠鏡は月に星雲にといろいろ楽しめそうで今年は出番が増えそうな気配。

| | コメント (2)

初めてのデジカメ土星

110503  この連休の天気予報は今一つ。昨夜は貴重な晴れの夜でしたが黄砂の影響で星雲・星団の写真は無理。

 しかしもったいないので土星を撮影。実はデジタル機材での土星撮影は初めてでした。予定していたwebカメラでの撮影はコンピューターの不調であきらめて、念のため持って行ったオリンパスミラーレスのEP-1で撮影です。

ここで問題が・・・・・・。非常にピントが合わせにくいのです。ライブビューの感度が低いのか、設定露出に応じてライブビューのゲインが上がるのですがノイズもアップ。土星も一定以上は明るくなりません。拡大撮影のシステムの再構築が必要かも。

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »