« M42とか | トップページ | 祝晴天 »

M33とか

M33_2  昨晩は高野龍神スカイラインへ観測に行きました。なんだかんだで2年越し位でろくに撮影できていなかったM33も撮影でき満足です。
 風もほとんどなくスマートガイダーもきっちりと仕事をしてくれました。でもうすこしM33の腕の構造が表現できたらな~と思うのですが、そこは画像処理の腕もあるので無理な望みでしょうね。
 おまけにM45も撮影したのですがこちらも私にしてはイケてます。ちなみに今晩は同じ場所で橋天の観測会。何を撮影しようかな~。


M45_2
 

|

« M42とか | トップページ | 祝晴天 »

天文」カテゴリの記事

コメント

度々どうもです。
よつばさんのM33をあらためて見てみると綺麗ですね。羨ましい。TOA130ですか?ちなみにこちらは合計何分ほど露光されているんでしょうか。ISOとともに差支えなければ教えてください。よろしくお願いします。

投稿: ugali | 2012年11月12日 (月) 15時43分

 ugaliさんいらっしゃい。
 このM33はTOA130+レデューサー(F6)、改造KISSDX2(ISO1600)10分×10枚の撮影です。いつも2~2.5時間撮影し、良い写真のみをコンポジットしています。
 今まで何度も失敗した対象で、今回もいろいろ不満な点もありますが、ぱっと見には見栄えがします(笑)。 それと、この銀河は腕の部分の赤い星雲が特徴的なので改造デジ一の効果が大きいのだと思います。ただコンテスト入賞者の写真をみるともっと派手に写っていますよね。どんなふうにすればあんなに写るのか?
 この冬はお互い色々撮影したいですね(寒いのは苦手だし、いつもの観測場所も雪で埋もれてしまいますが・・・)。

投稿: よつば | 2012年11月12日 (月) 23時12分

やはり100分も露光されていましたか。すごいなぁ。次回は僕も100分越え目指して頑張ろう。TOA+改造デジ一ですから色や解像度も文句なしですね。私の機材ではとうてい力の及ぶところではありませんが、もう少し何とかならないものかと試行錯誤しています。
ポツポツ広がる赤い星雲部分が入るとアクセントになりとてもきれいですよね。私のカメラでは厳しいので、せめて黄色い星の色だけでも再現しないものかと考えてます。AstoronomyToolはとても強力で魅力なんですが、青ハロ除去フィルターをかけると青ハロと同時ににいろんな色ともお別れしなきゃいけないのが辛いところです。まだまだ勉強が足りません。

投稿: ugali | 2012年11月13日 (火) 08時40分

いらっしゃいugaliさん。どの機材でも得意、不得意はあるとおもいます。500mm前後ではM33の迫力ある写真は難しいかもしれません。私も8cm(480mm)で撮影したことがあります。HPにも載せてますが、トリミング しても少し物足りない気がしました。
でも、M31やM45だとちょうど良い大きさにおさまります。
どうせなら宝刀の25cm砲で画面いっぱいのM33を狙うのもありだと思うのですがFも明るいし3〜5分位の露出で20枚位コンポジットすれば、処理次第でかなりの迫力がある写真になるとおもいますが。
私も来年にはse200で狙ってみようと考えています。

投稿: よつば | 2012年11月13日 (火) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« M42とか | トップページ | 祝晴天 »