« 春の夜空 | トップページ | 春の銀河 »

パンスターズ彗星in橋本市

B21a1  念願のパンスターズ彗星です。仕事の関係でなかなか観測できませんでしたが、今晩やっと観測できました。

 18時過ぎから月を目印に探してもなかなか見つからず雲も出てくるわでなかなか焦りましたが19時前に42mm双眼鏡で確認。少し空が暗くなってくると普通の彗星より集光の強い感じがわかります、撮影用のFC50とKissX2のファインダーでも確認できます。

 しばらく観測・撮影していると低空の雲の中に消えて行きました。明日は観測できそうにありません。これから北側に移動すると近所では厳しい撮影条件になってしまいます。今度は東天に現れた姿を撮影したいと思います。

撮影データはFC50+レデューサー(290mm/F5.8)、アイベルCD-1で追尾、KissX2(ISO1600)2秒露出を10枚コンポジット。赤道儀は不要?

|

« 春の夜空 | トップページ | 春の銀河 »

天文」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
よつばさん、撮影おめでとうございます!しっかり尾も写っていて、とても綺麗です。羨ましいなぁ。
こちらは昨日は厚い雲に覆われて観察不可でした。

僕は今まで彗星の撮影をしたことが無いのですが、やはりコンポジットするんですね。言われてみればなるほど、といった感じがしました。しかもCD-1を使用されていますね。やはり2秒でも追尾しないと流れちゃいますかね。極軸合わせはどのようにされたのですか?
しかし、そうなると僕はSP赤動議を持ち出すのかぁ・・・、どうしよう。

投稿: ugali | 2013年3月15日 (金) 08時44分

こんにちはugaliさん。
昨晩は残念でしたね。今日は天気も良いし期待出来そうです。
昨晩、こちらも雲が多かったのですが、うまいこと彗星付近を避けてくれました。10秒位露出が必要かと思ったのですが、それだと画面が、真っ白に。薄明恐るべしです。で、結局適正は2秒ぐらいだったのて、赤道儀は不要だったかもしれません。
赤道儀があると、彗星を写野にキープしてくれるので便利ですけどね。ですので、この程度の赤道儀のセッティングだと方位磁石と高度計で十分です。
彗星でも、コンポジットは断然おすすめです。それだけでも滑らかになりますし、階調が広がり画像処理の自由度が増します。でも、風景を取り入れる時は1枚撮りにせざるをえませんが。
では、ugaliさんの撮影された写真を楽しみにしていますね。

投稿: よつば | 2013年3月15日 (金) 16時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の夜空 | トップページ | 春の銀河 »