« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

おニューの双眼鏡

___1_2  ニコンモナーク3の8倍42mmを購入しました。今まで20年来使用してきた同スペックのペンタックスの双眼鏡の使い勝手がよかったので、今回も4cm前後で8~10倍で検討し、財布との相談の結果、この機種にしました。

 今までのペンタックスにも愛着があったのですが、結構雑に使ってきたのでコーティングが一部はがれ、シャープさに欠けてきており、他にも思うところがあって、思い切って(というほど高い買い物ではないですが)購入してしまいました。

 質感は価格以上でも以下でもありませんが、持った時ラバーが手に吸いつくような感覚が気に入りました。視野の広さは一般的で、明るく周辺まで像の乱れは目立ちませんが少し色収差が残っているようです。EDタイプでもよかったかも。

 対物側のキャップは本体に、接眼側もストラップにそれぞれ固定(取外可)され、キャップ類をよくなくす私にはありがたい仕様です。接眼目当ても調整でき、今までのようなラバーの固定式でなくこれらも気に入りました。デザインは少しシンプル過ぎ?j

 今度もこの双眼鏡を20年使うのでしょうか?少しは大事に使ってやらねば。

___2_2 ___3_2

続きを読む "おニューの双眼鏡"

| | コメント (2)

ちょっと釣りに行ってきました。

Turi  今日は職場の釣り大会。家族サービスということで朝早く(4時半)から、クラブの合宿で行くことのできない長女以外の3人で和歌山市の片男波公園へ行ってきました。

 片道2時間の予定が早朝のため1時間で到着。7時スタート。投げ釣りでターゲットはキスです。第1投目、娘の竿にいきなりヒット。あげてみるとビックリ。まさかのタコです。それも売っているものよりは小さいもののソコソコの大きさ。

 それからも嫁と娘がまずまずの大きさのキスを釣りあげたり、なかなか盛り上がりましたが、私はというと小型のホウボウとメゴチを1匹づつ釣ったのみ・・・・・。まあ、家族が楽しんでくれればよいのです・・・。

 釣果は10数匹と決して多くはないと思うのですが、大会での成績(大きさ)はキス部門の7位(嫁が釣ったもの)で商品ももらったりとご機嫌な1日を過ごせました。娘も釣りを気に入ったようで、これからもたまにつれって欲しいとか言っています。まあ、たまにはね・・・。

 帰ってから、嫁は釣った魚(タコも含む)をさばいて料理したり。ご苦労さまです

 

| | コメント (2)

重いカメラたち

K3  先日より、機材2セットでオートガイド撮影体制にし、赤道儀+オートガイドの2セットを1つのバッテリーで賄っています(102Ahのディープサイクルバッテリー)。

 コンピュータを使用していないので少し余裕があるような気がしますがシガーソケットを4つしか設置しておらず、これ以上コードも増やしたくないので、今までのように外部バッテリから電源アダプターを介してカメラの電源を取ることをあきらめました。

 その結果がこの写真です。EOS6DとKISSX2、D700の3台にバッテリーパックを取りつけることにしました(もちろんサードパーティ製)。コード関係は少しシンプルになりましたが、はっきり言って重くなってしまいました。接眼部の強くないSE200Nには使えないかな~。

| | コメント (2)

水星と金星

Mv2 今日は水星の東方最大離角の日、そばに金星があって見つけやすく、普段は見ることのない水星を見る良い機会です。場所さえわかれば意外と明るく見つけやすく、20年ぶりくらいでしょうか(笑)、しっかりと目に焼きつけました。

 せっかくなので写真撮影も。自宅の裏で撮影しましたが田んぼに水が張ってあったので水面に金星も入れてみました。ただ水面の電線が凄く邪魔・・・・。

| | コメント (2)

球状星団の季節

22s  先日の京名和ポイントではM5、M22、M71を撮影しました。このポイントは半光害地で散光星雲は厳しいので主に散開星団や球状星団、惑星状星雲の撮影を行っています(これらも本当はきれいな空の方がよいのでしょうが)。

 夏は銀河付近に球状星団が多く、ここでも結構撮影出来たりします。でも球状星団ばかり撮影すると、あとから星団の同定に苦労します(笑)。

| | コメント (0)

NexGuideテスト

01 昨晩は思いがけず良い天気でした。またもや会長と一緒に市内の京奈和ポイントへ観測へ出かけました。

 今回は球状星団の撮影がメインです。このポイントでの散光星雲の撮影はキツイものがあるので・・・。

 もう一つの目的は先日購入したセレストロンのオートガイダーNexGuideのテストです。TOAで撮影のあい間にGPD+ニコン8cm+EOS6Dでテスト。簡単操作で思ったよりサクサクと撮影は進み、チョロイもんだと思っていましたが。家に帰って出来上がりを見てびっくり。結果はすべて失敗でした。上の写真のようにソフトビニングで画像を小さくするとあまりわかりませんが、下の写真のように等倍レベルだと星が楽しそうにダンスしてます。

 はっきり言って設定もおおよそだったし、ガイド鏡周りも手を抜いていたので理由ははっきりしませんが、星の踊り方をみていると、オートガイドをしようとはしているようです。これからネットを調べたり、設定の検討、システムの見直しなど忙しくなりそう(楽しそうですか?)。

02

 

| | コメント (4)

いろいろ復活しそうです。

Image
昨日NexGuideが届きました。これで、メインのG11+TOAで撮影中に、サブのGPD+ニコン8cmでオートガイド撮影が出来そうです。
長年使用して来たこれらの機材も、ここ数年でメイン機材の座を譲り、倉庫で眠る日々が続いてきました。先日DDー3を購入し、今回のNexGuideの購入で再び陽の目?を見ることに。
問題はいくつか考えられました。まず、観測地で2台のオートガイドを運用できるか?
これは、メイン機材の運用を優先し、サブ機材は後回しと割り切ることで十分可能と思います。
もう一つは運搬の問題で、自家用車が軽(N-Box)なので、メイン機材だけでも、結構キツイものがあったのですが、下の段の機材ケースの高さを揃え、2段積みにすることで解決しました。ただ、今までのようにアグレッシブな走りはできません。
梅雨の季節ですので、もう少し後になりそうですが、秋ごろには本格運用したいと思っています。
できれば、アイソン彗星の直焦点撮影はサブ機材で。
あと、大きな機材が億劫なときも活躍予定です。

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »