« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

久々に観測しました。

Mokusate 昨晩はよく晴れていおり観測日和だったのですが、あいにく大きな月が・・・。それで、ほぼ素人の惑星を撮影することにしました。望遠鏡を外気にならすのもほどほどに、そのうえWebカメラもないのでKissX2で撮影です。シーィングもあまりよくありません。

 昨晩はとにかく寒く、まだ体も本調子ではないので3時間ほどで切りあげ。すこしずつに復活していきますよ~(多分)。

 

| | コメント (0)

星ナビ2月号

Hn  昨年オーストラリア遠征の写真を3枚ほど天文雑誌のコンテストに遠征記念として応募していたのですが、なんと、そのうち1枚が星ナビに掲載されていました。これで総応募枚数4枚のうち2枚が掲載、掲載率は50%(笑)です。ちなみに天文ガイドにはω星団を応募していたのですがダメだったようです。

 掲載されていたのは1月1日のブログの年賀状っぽくした写真の撮影時間違いのものです。低空に雲があったり、年賀状の写真は建物の明かりや電柱っぽいのをを消したりしています。

 隣に掲載されている写真は最新の魚眼+APS-Cサイズですが、どう見ても私カメラはフルサイズにもかかわらず、私のよりかなりシャープ。どうせ私のは20年前の魚眼ですよ。こんな比べられるような配置に掲載しなくても・・・・。

 コメントを見ると「収差により画面端で輝星が滲んでいるが、かえって地平線近くの南十字とαβケンタウリが目を引く存在になった」とあります。もちろん狙ったものではありませんし、完全にまぐれの掲載ですね。

 でも、遠征のよい記念になりました。今年も1枚は投稿(掲載ではなく)出来るように頑張ります。

| | コメント (6)

新しいおもちゃ

01_2   昨年末にキャノンのコンパクトカメラS120を購入しました。このカメラには天体向きの撮影モードが搭載されており、本格的なものは無理ですが、簡単に面白い天体写真が撮影できます。

 年末に体調を崩していたのでなかなかテスト出来なかったのですが、今晩1時間ほどテストしてきました。

 あいにくの雲が多い天気で判断しにくいところもあるのですが、レンズは明るいものの星像はそんなによくないようです。でも散開星団M41もはっきりと分かり、チョイ撮りや、ビギナーユーズには使えそうです。星の軌跡を撮影したものでは拡大しない限り、結構楽しめそう。拡大すると軌跡がビーズ状になるのが目立ちます。今回はテストする時間がありませんでしたがタイムラプスをカメラで処理してくれる機能も搭載しています。

 観測の合間のおもちゃカメラとして楽しませてくれそうです(特に軌跡の撮影とタイムラプスで)。

02_4 03

| | コメント (2)

明けましておめでとうございます

Nenga2014 明けましておめでとうございます。和歌山は元旦から晴れており、観測日に良い天気に恵まれるよい年を予感させてくれます。昨年は念願の南半球遠征へ行ったり、赤道儀のオートガイド2台体制の確立など、私には記憶に残る重要な年でした。

 年の始めということで目標を立てたいのですが、昨年末に体調を崩し、心身とも充実には程遠い状況で、昨年より活動を縮小しそうな気配ですので大きな目標は避けたいと思います。昨年に「1年に2~3回、天文雑誌のコンテストに投稿する」という目標を立てましたが、お恥ずかしながら縮小して1回(笑)の投稿をすることとします。また、体力・気力が充実した暁にはバリバリ?頑張っていきます。

 本年もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »