« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

ラブジョイ彗星in橋本市

Lj 巷ではラブジョイ彗星が明るくなっているとの話。橋本市付近は冬になると曇り空が多いのですが今年は例年以上に曇り空が多い気がします。

 昨晩も曇りの予報でしたがGPVでは21時から23時の間で少し晴れそうな気配があったので思い切って京奈和ポイントへ行ってきました。到着したころは厚い雲が空を覆っていましたが22時過ぎから、薄雲は残ったもののなんとか30分ほど少し晴れ間が出てきました。

ラブジョイ彗星は肉眼では無理でしたが42mm双眼鏡では余裕で確認できます。ニコン8cmにEOS6D(ISO3200)+LPS-P2の1分露出×20枚の撮影。撮影後にはすぐ雲の間に消えて行きました。

 薄雲の影響でと露出不足の影響で、出来上がった写真は散々でしたが彗星の記念撮影は出来ました。来週末も晴れればよいのですが、来週末は予定も入っているし無理かな~。そもそも橋本市内で彗星の撮影は難しい?

 

| | コメント (2)

どうしてこうなった?

 昨年は終盤に忙しい時期がありましたが無事に年を越せました。

 今年は一つの目標として2回目のオーストラリア遠征を目論んでいて、その資金も少しずつ積み立て、その目途が立っていたのですが、仕事や家庭の状況で今年はちょっと無理という判断をしました。来年も危ないかもしれません。そうなると2017年の北米皆既日食あたりを目標にしていきたいと思っています。

 そこで現在ある旅行資金を少し機材充実にあてて行こうかななどと考えまして、色々物色していました。候補としてはカメラではAPS-Cのデジ一が古くなっているので、KissのX7(改造も)、レンズではアポゾナーの135/2、ディスタゴン21/2.8、シグマの180/2.8、キャノンEF16-35/4を考えてヨドバシでカタログや実物も確認してきました。

 買い物はするまでが一番楽しく、あれやこれやと考えながら・・・・で、選んだのはこれです。オリンパスのEMー10とコーワのプロミナー8.5mm/2.8。どうしてこうなったの?

 

 娘のソフトボールの試合の撮影にはD700とバッテリーパック、80-200/2.8にテレコンで撮影していたのですが、カメラもレンズも非力な私には苦痛になってきたこともあり、旅行などにはD700や6Dは大きすぎるし、コンパクトでもちょっとというのがずっとあったので、24-150のレンズもあるし、EP-1も古くなっていたのでこういうチョイスにしました。

 天体写真でも、このEM-10もセンサーの小さいM4/3でありながらカメラ内でタイムラプスも生成できるし(10fpsですが)、星の光跡写真も簡単に撮影できます。フルサイズほどの質は望めないでしょうが簡単に撮影を楽しめます。

 また、プロミナーも少ないながら星景写真のサンプルを見てみると性能は悪くなさそう。レンズの色はブラック・シルバー・グリーンとありましたが天の邪鬼な私は当然グリーン。マニュアルフォーカスで実絞りというスペックも天の邪鬼な私にはピッタリ。早く護摩でテストしたいものです。

Fullsizerender

| | コメント (2)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »